ごあいさつ

院長 前山 哲朗

院長 前山 哲朗

2020年秋、縁あってたんぽぽレディースクリニックあすと長町を引き継ぎました。
わたしはかつて、大学病院や市中病院で分娩や婦人科診療のかたわらで不妊治療に携わっていました。
妊娠成立したときの喜びに満ちた顔を見るたび、もっと専門性の高い施設で技術や知識をつけたいと思うようになり、愛知県にある不妊治療専門のクリニックで研鑽を積んでまいりました。

「不妊治療は受診が頻回で、しかもその日程が直前まで分からないことが多いので今の勤務状況ではできない」と受診をあきらめている方や、「不妊治療を続けるために仕事を辞めよう」と考えている方はいらっしゃいませんか。
わたしはこれまで仕事と治療の両立に悩み、不妊治療をあきらめた方、仕事を辞めた方をたくさんみてきました。 個人的な意見ですが仕事は辞めないほうが良いと思うのです。仕事を続けていれば、産休育休等の福利厚生を利用できます。退職してしまうと産後に子育てしながら新たに仕事を探すことは容易ではないと思うからです。
本来なら厚生労働省も提起しているように、働きながら不妊治療を受ける方に対する職場の理解があり、「不妊治療連絡カード」等を活用して堂々と通院できる社会が理想だと思います。しかしまだそこまでの環境が整っていないのが現状です。
であればわたしたちクリニック側が患者さんの通いやすい状況を作っていくしかないと考えました。
当クリニックは平日19時まで受付可能であり、仕事後に通いやすい体制を整えています。また、不要な診察や検査は行いません。先々の受診タイミングもあらかじめ説明いたします。赤ちゃんを望む方が当たり前に通院できるクリニックでありたいと思います。

また、婦人科一般診療やがん検診もおまかせください。
これまでわたしが学んできたことの全てを生かし、みなさんのお役に立ちたいと思っています。〝来てよかった〟〝相談してよかった〟と思っていただけるクリニックをめざします。まずはお気軽にお越しください。

【略歴】

2006年
聖マリアンナ医科大学 卒業
2006年
自治医科大学附属病院で臨床研修
2008年
聖マリアンナ医科大学病院麻酔科
2009年
八戸市立市民病院産婦人科
2010年
筑波大学産科婦人科学 入局
2011年
茨城西南医療センター病院
2013年
筑波学園病院
2016年
医療法人浅田レディースクリニック
2020年
たんぽぽレディースクリニックあすと長町

【主な資格】

日本産科婦人科学会 産婦人科専門医
日本生殖医学会 生殖医療専門医
日本麻酔科学会 麻酔科認定医
麻酔科標榜医

副院長 前山 朝子

人と話すことが好きです。
わかりやすく丁寧な説明を心がけています。
ささいなことでも構いませんので何でも聞いてください。

【略歴】

2006年
大分大学医学部 卒業
2006年
自治医科大学附属病院 初期研修
2008年
自治医科大学産科婦人科学講座 入局
2010年
自治医科大学附属さいたま医療センター
2012年
自治医科大学産科婦人科学講座 病院助教
2015年
巻石堂病院(千葉県柏市)
2017年
浅田レディースクリニック(愛知県)
2020年
国際医療福祉大学病院産婦人科
2021年
たんぽぽレディースクリニックあすと長町

【主な資格】
日本産科婦人科学会産婦人科専門医

院長・副院長

看護師からのメッセージ

「赤ちゃんを抱きたい」と勇気を出して、一歩踏み出して前向きに頑張ろうという時もあれば、不安や苦痛でストレスを感じ、つらいと思う時もあるかと思います。
「誰かに話を聞いてほしい。相談したい。応援してほしい。」そういう時にいつでも寄り添いサポートできるよう、そして安心して治療に臨めるように看護スタッフ一同努めてまいります。
お気軽にお声掛けください。

培養士からのメッセージ

私たち培養室スタッフはあまり患者様とお会いする機会はありませんが、みなさまからお預かりした卵子・精子・受精卵を管理する仕事をしています。
培養室の技術が不妊治療の成功に影響することを念頭におき、私たち培養室スタッフは妊娠率向上のために、技術や知識を常に高水準に保つように日々努力しています。
多くの患者様が新しい家族に出会えるように、サポートさせて頂きますので一緒にがんばりましょう。

スタッフ